KG山遊会12月例会

第101回例会  行者山・岩倉山・樫が峰へ、 終了後 2015年度総会

日時: 平成27年12月20日(日)  午前10時 阪急・逆瀬川駅バス停前集合

行先: 行者山・樫が峰

参加者:(先達) 岡村 重夫(39年卒)
    福島(35年卒)、巽、玉川、寺西(37年卒)、岡田、森川(38年卒)、岡村、角野、松村(39年卒)、西谷(40年卒)、丹羽(41年卒)、宮崎、板野(42年卒)、久保(46年卒)、中島(53年卒)、和田(54年卒)
    反省会参加)浜地(35年卒)、富田(36年卒)、岡部(37年卒)

コースタイム:西山団地バス停10:20 〜10:35ゆずりはの森〜10:50ゆずりはの森頂上〜11:35東観峰〜11:50行者山〜12:25岩倉山手前反射板(昼食)12:55〜13:00東六甲縦走路分岐〜13:30エデンの園13:40〜14:20馬の背14:30〜14:35樫が峰〜15:30六甲保養荘(反省会)


行動記録:
阪急今津線逆瀬川駅にAM10:00集合。天候は無風快晴。12月後半とは思えない暖かいハイキング日和です。
連絡のないメンバーの確認電話等で時間をとるも総勢16名の参加者、15分発のバスに乗り込み山行をスタートする。
西山団地前で下車、ゆずりは公園で恒例の寺西先輩指導のストレッチ体操を終え、登山道へ。
道は階段状に良く整備されており登りやすい感じ。今日は山行後に総会があるので全員一緒に行動出来る様にゆっくりしたピッチで登る。
紅葉の盛りは過ぎているが、晩秋の趣のある自然林の中、落ち葉を踏みしめながら行者山を目指す。


少し高度を稼ぐと眼下に阪神間の展望が一望でき、疲れを癒やしてくれる。
ワンピッチ強で東観峰のピークに。青空のもとさらに一層展望が開け、登ったという実感がする・・・六甲山はありがたい山である。


東観峰を過ぎて少し登れば行者山の頂上であるが、このピークは狭くて且つ林間で展望もきかず、小休止にて通過。
そこから少し下るとゆずり葉台から登ってくる登山道と合流し、そこから約20分で岩倉山のふもとの反射板の広場に着く。先着の3名のパーティが休憩していたが一緒に合流してランチタイムとする。
冬を感じさせない日の当たるポカポカ陽気の中で全員そろっての昼食である。


12:55出発。すぐに東六甲縦走路に合流し、尾根筋を快調に飛ばす。
ゆずり葉台からの分岐より下山コースに入りエデンの園へ、長めのワンピッチでエデンの園に到着し、ベランダにてこれから登る社家郷山系の紅葉を眺めながらの大休止。
ここで膝の調子が悪い宮崎氏が迂回路で六甲保養荘を目指す事となり彼は単独行に。残りのメンバーは樫が峰を目指して13:40出発する。
立ち入り禁止の道標のあるゲートの横から逆瀬川の上流である河原に下りる。かつては飯盒炊爨やキャンプで賑わった河原であり、今回も大勢のメンバーがたき火を囲んで団欒していた。
水の枯れた岩ゴロの谷を右岸に渡り、パノラマ道という小さな道標のある登山口へ。
取りつきは枯れた沢筋を登るも、途中よりは風化したボロボロの花崗岩のやせ尾根を登る。高度があがるに従い大平山から譲葉山・行者山に連なる山々の展望と、先程休息したエデンの園が眼下に広がってくる。
最後の急登を一頑張りして社家郷山の稜線に出る。馬の背展望台にて小休止し、稜線伝いに樫が峰へ。
樫が峰は鬱蒼とした林間にあり展望は全くきかずに通過。保養荘めざして樫が道コースを下る。


頂上直下の急な尾根道を木につかまりながら慎重に下る。全員遅れることなくキャンプ場に到着。最終の一本で時間調整をして15:30ゴールの六甲保養荘に到着する。
阪神間の景色が一望できる高台の天然温泉で一風呂浴び疲れを癒し、16:30より年度の締め括りの総会を開催す。


総勢19名、先ずは10月に急逝された山田さんの霊に黙とうを捧げてスタート。
特に今年は100回目の山行を終えた記念すべき総会であり、初代会長の浜地先輩より含蓄のあるお言葉を頂戴する。
年間行動報告・会計報告・次年度のスケジュール等々を打合せし17:10終了す。
後は、忘年反省会。岡田先輩の乾杯!でスタート、美味しい料理とお酒を頂き、無礼講での楽しい歓談のひと時を満喫して17:30第101回目の山遊会&2015年度総会を無事に終える事が出来ました。

記録:久保・岡村 写真:板野