山遊会8月夏合宿   清里高原から北八ヶ岳へ

日 時:平成30年8月1日(水)〜3日(金)
    午前8時50分 JR大阪駅桜橋口西 大阪モード学園前集合

行 先:八ヶ岳清里高原、北横岳〜三ッ岳〜雨池山、車山〜車山湿原
    
参加者:14名 
  先達 岡村重夫(39年卒)、和田充弘(54年卒)、
  濱地(35年卒)、巽 (37年卒)、玉川(37年卒)、寺西(37年卒)、
  岡田(38年卒)、松村(39年卒)、角野(39年卒)、中島(39年卒)、
  宮崎(42年卒)、板野(42年卒)、久保(46年卒)、楠田(51年卒)、

コースタイム
8月1日(水)晴
大阪9:00―10:45多賀SA11:00―12:25恵那峡SA13:00―14:50須玉IC―(食糧購入)
―17:00 村山要子さま山荘(泊)

8月2日(木)晴
6:00起床・朝食―7:30出発―8:00原SA8:15―8:20 諏訪IC―9:15 北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅
―山頂駅9:30―10:20三ツ岳分岐―10:25北横岳ヒュッテ―10:40北横岳・南峰―10:50 北峰―
11:25三ツ岳分岐―12:05三ツ岳・V峰12:25―12:35U峰―12:50T峰―13:35雨池山13:40―13:55雨池峠
―14:10山頂駅―(食糧購入)―17:00天女の湯(入浴)17:40―18:05山荘(泊)

8月3日(金)晴
6:00 起床・朝食―7:45 出発― 8:25 原SA 8:35 ― 8:40 諏訪IC― 9:25 車山スカイライナー
― 10:00車山山頂 10:10 ― 10:40 夫婦岩― 11:00 コロボックル・ヒュッテ ― 11:15チャーターバス
― 12:10胡桃庵 13:20 ― 15:30 内津峠SA 15:45 ― 16:20 養老SA 16:30 ―19:10 大阪

行動記録

2018年夏合宿は、八ヶ岳清里・清里の森にある岡田先輩の妹さまの村山要子さま山荘を拠点として利用させて頂き北八ヶ岳北横岳を登り・車山高原を散策する計画となりました。

酷暑の続いている8月1日AM8:50大阪駅西の集合場所に13名が集結し、KR観光のマイクロバスに乗り込みスタートする。

角野氏は、7月末より先発して穂高界隈を踏破して現地合流する予定である。

バスは名神高速〜中央道を経由して快調に飛ばし、諏訪インターを通過し、須玉インターで下り、近場のスーパーで食料購入を済ませ、清里の森にある村山山荘に入る。

角野氏はすでに先着していました。村山山荘は想像していた以上に立派な山荘であり、洒落たログハウス的な雰囲気であり、静寂な森の中の山荘に全員感動する。

取り敢えずビールで乾杯して、中島・松村両先輩の指揮のもと夕食の準備に入る。

14名の食事の用意は大変である。米を研ぐ人・野菜を切る人・鍋を炊く人それぞれ現役時代を思い出しながらの作業である。

美味しい鍋料理に舌鼓を打ちながら楽しい団らんのひと時を過ごす。

8月2日(木)

AM6:00起床の予定であったが、年寄りが多いせいかAM5:00から起きる人が多く、作業がはかどる。

サラダとハムエッグとみそ汁の朝食を済ませ、予定より30分早いAM7:30にバスに乗り込む。

今日の予定は、バスで北八ヶ岳ロープウエイの山麓駅に行き、ロープウエイに乗り約7分で標高2230mの山上駅まで上がる。そこでパーティを二分割して行動する。

岡村隊は、北横岳をピストンし坪庭を散策、健脚者和田隊は北横岳から三ツ岳〜雨池山を巡る難路に挑戦することにし、山上駅で全員の記念撮影をして出発する。




@8月2日 行動記録 : 岡村隊(北横岳往復・坪庭散策)

観光客に混じって坪庭自然園の右回りの整備された散策コースを歩く。

坪庭は奇岩の溶岩台地です。ゴロゴロした岩の中に高山植物が自生しているのですが、今年は酷暑のせいか花は少なかったです。

コースの途中で左側に分かれ横岳への登山道に入る。やがて周りがシラビソの多い原生林の中をジグザグに登るようになる。

急な登りの手前で岡田さんが体調不良でリタイアされ、山上駅に下りられる。

途中、坪庭の見渡せる場所で休憩し、雨池山の中腹に拡がる「縞枯れ現象」がはっきりと確認できました。

階段状の急坂を登ると北横岳ヒュッテに到着する(AM10:45)。

北横岳ヒュッテは昔からの山小屋らしい外観の山小屋です。周囲にはテーブルと椅子が用意されており休憩に重宝です。

小休止して最後の登りに取りつく。ヒュッテからは少し傾斜がきつくなるが、ひと頑張りで北横岳南峰に到着する。

山頂直下までは樹林帯ですが、山頂は360度展望が開け、隣に大きく見える蓼科山や南八ヶ岳の峰々、南アルプス仙丈岳・駒ヶ岳・北岳、中央アルプス御嶽山・乗鞍山などの山々が展望することが出来ました。

残念ながら富士山は遠望出来ませんでした。ここで北峰を終えた和田隊と合流し、山頂で全員で記念撮影をして分かれる。

南峰で小休止の後、北峰を往復してもと来た道を下る。途中に七ツ池に立ち寄る。

七ッ池は北横岳ヒュッテの近くにありながら、訪れる人が少なく静かな空間を楽しむことができました。

森の中の池畔でランチタイムとする(12:00〜12:20)。

北横岳ヒュッテに戻り、溶岩のゴロゴロした往路を、浮石に注意しながら慎重に下る。

途中、寺西さんが石につまずいて転倒され右腕を負傷される事故もあったが、無事に坪庭に到着する。

坪庭を右回りに半周して13:40北八ヶ岳ロープウエイ山頂駅に到着する。14:10和田隊が到着する。悪路で大変苦労した様子でした。

14:20発のロープウエイで下山、途中でバイキング用の食料を購入し、温泉「天女の湯」に浸かり、さっぱりした状態で村山山荘到着(18:05)。

夜は野外にてバイキングパーティで盛り上がる。暑くもなく寒くもない天候のもと静かな森の中での宴は最高でした。

A8月2日 行動記録 :和田隊(北横岳〜三ツ岳〜雨池山〜坪庭パーティ)

午前6時起床。朝食を済ませて、午前7時30分に村山山荘前からチャーターバスで出発。清里高原は最盛期のわりには人通りが少ない気がする。

長坂ICから中央道に乗り、原SAでトイレ休憩し諏訪ICで中央道を降りる。茅野市街を抜け、すぐにビーナスラインに入り午前9時15分「北八ケ岳ロープウェイ」山麓駅に到着する。

100人乗りの大型ロープウェイで7分の空中遊泳を楽しみ、標高2237メートルの山頂駅(坪庭駅)へ。

ここからは2班に分かれて行動。午前9時30分、まず和田班が出発。「坪庭」を抜けるよく整備された道が終わると、すぐに樹林帯の中の急な登りとなり、汗みどろになった午前10時20分、「三ツ岳分岐」を通過する。

稜線伝いに北横岳ヒュッテへ出て少し登ると、午前10時40分、北横岳(南峰)山頂。

目の前にある蓼科山や南八ケ岳の眺め楽しみ、5分で行ける最高峰の北峰(2480メートル)を往復して来ると、タイミング良く南峰で岡村班と遭遇する。

全員で記念撮影を済ませ、一気に「三ツ岳分岐」まで引き返す。

「これより難路、軽装の方はご遠慮下さい」との看板に、軽装とは何なのか訝りつつ進むと、すぐに岩だらけの道となる。

一つ一つの岩が大きいうえに、適当に土の平坦な道が混じるので、岩と土の煩瑣な繰り返しが膝と腰に応えることはなはだしい。

「眺望よりも岩との格闘!」というガイドブックの表現を成程と実感する。40分の忍耐の末、午後0時5分、三ケ岳・V峰。

頂上からの眺めに心癒されながら、昼食を楽しむ。折よく通りかかった同年代のご夫婦にお願いして和田班全員で記念撮影。

思えば、雨池峠までこのお二人以外ほんの数人しか人に会わなかった。


U峰、T峰と越え、ようやくの下りとなるが、皆の覚悟を上回る(?)急峻な道。またも憎らしいほどの岩と土の絶妙なコンビネーション。

これを下りきると体力を消耗したのか、普段ならルンルンの雨池山へのダラダラとした平坦な登りに歩が進まない。

午後1時35分、雨池峠に出て緊張感から解放される。

午後2時、山頂駅で先着していた岡村班と合流し、山麓駅でチャーターバスに乗り込み、食糧購入、入浴(天女の湯)の後、午後6時5分に村山山荘着(泊)。

8月3日(金)

AM6:00起床、昨日同様の手順の朝食準備と同時に、山荘の後かたずけ作業に大忙しの朝である。

大量のゴミを処分するのに指定のゴミ袋が見つからずひと騒動ありましたが、無事に見つかりゴミ処分も完了。

AM7:40山荘をバックに集合写真をとりバスに乗り込む。諏訪ICまで中央高速で行き、そこから152号線を走り、白樺湖の少し先の車山高原に到着。

スカイライナー・スカイパノラマを乗り継いで車山の山頂へ。

広々とした草原状の山容は南八が岳には無い景色である。足下には高山植物の花が咲き乱れている。

約15分強で1925mの車山山頂に到着する。余りにもあっけなくて何だか物足りない感じもするが、今日は大阪へ帰らなければならず、やむを得ない。

少し霞んでいたが、山頂よりの360度の展望を満喫する。小休止後、頂上より変則な急な石段を下る。

下に白樺湖が小さく見えている。高山植物を観賞しながらの高原散策気分である。


分岐で左に蝶々深山の方にルートを取り、なだらから道を登ると車山乗越に出る。

小休止後出発、草原を少し進み、左前方に広がる車山湿原の方に向かう。

湿原といっても整備された道を歩くだけで、暑さが身に染みてきます。

30分足らずでバスの待つコロボックルヒュッテのある車山肩に到着する(AM11:00)。

これにて今回の行動予定は全て完了する。

あとは、諏訪南の原村にある玉川先輩の幼友達の経営する「胡桃庵」に寄るだけ。

「胡桃庵」はスモーク製品が主力商品で夏はブルーベリー農園を経営されており、おいしいブルーベリーの生ジュースをご馳走になり、農園の見学もさせて貰いました。

13:20胡桃庵を出発、快調に高速道路をぶっ飛ばし、京都から豊中あたりが渋滞で時間がかかったが、19:10無事に、大阪駅に到着、解散する。

              記録:久保・岡村  写真:板野・宮崎

村山山荘にて 全員集合!