山遊会12月例会  「ごろごろ岳から観音山へ」


日 時:令和1年12月11日(水) くもり時々晴れ
    午前10時 阪急芦屋川駅 北側集合

行 先:ごろごろ岳〜観音山

参加者:(山行)16名 
   先達 岡村重夫(39年卒)、角野公章(39年卒)      
   木村(36年卒)、那波(37年卒)、寺西(37年卒)、
   玉川(37年卒)、森川(38年卒)、松村(39年卒)、
   中島(39年卒)、西谷(40年卒)、丹羽(41年卒)、
   宮崎(42年卒)、久保(46年卒)、三好(51年卒)、
   和田(54年卒)、梶谷(特別参加)      
  (反省会)20名 上記16名及び
   菱谷(35年卒)、岡部(37年卒)、田淵(42年卒)、
   中島(53年卒)

コースタイム
 日の出橋バス停10:40 ― 12:00 昼食12:35 ― 12:55 ごろごろ岳13:00― 13:35 観音山 13:45 ― 14:20 鷲林寺 ― 14::55 北山貯水池 ― 15:15 北山公園バス停=夙川駅=西宮北口〜総会・反省会会場へ
総会・反省会  : 午後4時〜 坐和民 西宮北口店

行動記録:
今年の最後のウオークは、六甲連山で唯一「岳」の名前がついている六甲の前山であるごろごろ岳(565.6m)です

更にそこから観音山を越え、東側の鷲林寺に抜け、夙川まで下る企画です

そして坐和民西宮北口店で総会・忘年会をという段取りです

AM10:00阪急芦屋川に16名のメンバーが集合する

今回は若手の女性が一人特別参加され、いつもに無い華やいだ雰囲気です

駅の北側で寺西ストレッチ体操を行い苦楽園行きのバスに乗り込む

日の出橋にて下車、今回の山行をスタートする

しばらくは六麓荘の豪邸エリアの中を登って行く

広い正門に大きな前庭がある周りの立派な豪邸の数々に感嘆しながらの登りであり、結構な急坂ではあるが、余り苦にならない

六麓荘の一番高い位置にある豪邸と豪邸の間に狭い通路が存在する、そこが今回の登山路の入り口である

標識も何もないので本当に分かりにくい

狭い通路を抜けると植林された様な少し広い場所にでる、ここで小休止を取り登りに備えて服装の調整を行う

しばらくは樹林帯の中にある道を積もった落ち葉を踏み分けながら登る

道は余り整理されておらず、登山する人も少ないルートであろう

慎重にルートを見極めながら登るとそのうちに急峻な岩稜地帯に出ます

岩がゴロゴロした場所をよじ登る様にして進む


途中、ロープの設置された場所もあるが、特に危険な箇所はない

一段と急峻な階段状の岩場をジグザクに登りきると、苦楽園からの道との合流地点(三叉路)に出ます

苦楽園・芦屋の市街が一望できる展望の開けた場所です


結構、登りに時間が掛かったので、ここで少し遅れていた宮崎さんも合流してのランチタイムとする

12:35出発、苦楽園尾根の緩やかな稜線上の道を進むこと約30分で、ごろごろ岳山頂に出る

全員で記念写真を撮り、観音山へ向かう

観音山への尾根道は、気持ちの良いプロムナードです

歩きやすいアップダウンの道をルンルンの気分で行くことワンピッチで観音山山頂に


少しモヤで霞んでいるが、甲山・仁川競馬場・大阪市内・大阪湾を一望できる展望が素晴らしい

暫しの休息後、13:45下山開始、観音山の直下の下り、急峻な岩場が続くので注意しながら下降する

全員ベテランであり、難なく通過

途中から、一番緩いコースである「せせらぎコース」を取り、鷲林寺に出る


鷲林寺は、高野山真言宗の仏教寺院であり、寺伝によれば、淳和天皇の勅願時として空海により開創されたという。本尊は十一面観音像である

紅葉の名所と知られるお寺であり、12月中旬でも、紅葉が真っ盛りであり、美しい境内にてゆっくりと景観を楽しむ

14:40境内を出て、参道の「かんのん道」を下ると鷲林寺のバス停に出る

バスの便は一時間に一本。適当なバスの便がなく、歩くことを選択する

北山貯水池に出て、北山緑化植物公園方面へ


なだらかな起伏のある道を進むとスイセンの葉の浮く小さな池に出合う

紅葉が未だ残っており素晴らしい景観なり

そこから車道沿いの遊歩道を行くと駐車場に出る

駐車場の脇を回り込むと植物園の入り口であるバス駅「柏堂」の駅に出る

夙川駅まで歩く予定であったが、総会の時間もあり、ここからバスに乗り、夙川駅へ

総会の会場である「坐和民」西宮北口店に、開始定刻に無事に到着し、今回の山行を終える


16:00より、山遊会の総会を開催、今シーズンの振り返りと2020年度の行動計画の打合せ、会計報告等々を行い、終了後引き続き、忘年会を開催し、一年の締め括りを終える事が出来ました

一年間、無事に終える事が出来ました、ありがとうございました!

            記録:久保・岡村  写真:宮崎・丹羽