山遊会2月例会「いぶきの森から太山寺へ」

日 時:平成31年2月13日(水) 晴
    午前11時 神戸市営地下鉄・西神南駅 改札前集合
行 先:いぶきの森から古刹・太山寺へ
参加者:(山行)(反省会)15名 
    先達 久保富雄(46年卒)、中島利英(53年卒)、
      福島(35年卒)、木村(36年卒)、寺西(37年卒)、玉川(37年卒)、岡田(38年卒)、森川(38年卒)、
      岡村(39年卒)、松村(39年卒)、中島(39年卒)、丹羽(41年卒)、宮崎(42年卒)、三好(51年卒)、和田(54年卒)
反省会   なでしこの湯 食事処
コースタイム
   西神南駅11:05 ― 11:40 いぶきの森入口 ― 12:05 芝生広場(昼食)12:35 ― 13:00 いぶきの森出口 ― 13:25 前開神社13:35 ― 14:20大山寺 14:50 ― 15:00 なでしこの湯

行動記録

今回は、先達の地元である神戸市西区の近郊のいぶきの森と農村地域を散策し、古刹の太山寺を訪れるという企画であり、ゆとりのある時刻の集合時間であった

神戸市営地下鉄の終点に近い西神南駅にAM11:00に15名が集合、久方ぶりに福島先輩・森川先輩も参加され、駅前での和やかな会話の弾む例会となりました

天候は、日が差すと春の様なポカポカ天気であり最高、高層マンションの中の広場で寺西ストレッチ体操を行い出発する

  西神南のニュータウンの公園にて

開発されたニュータウンの街並みを抜けると、いぶきの森ハイキングコースの入り口に着きます

開発前の自然をそのまま活用してのハイキングコースであり、展望の丘、芝生広場、野鳥の森などがあり、バーベキュなども出来る施設も用意されている由、

道は整備されており、急なアップダウンもなく快適な里山歩きを楽しむ

 いぶきの森を行く

内周コース・外周コースなど道が多くに分かれており、迷いそうになるが、どのコースを行っても同じであり、各自のペースで散策する

座るテーブルのある広い芝生広場でライイチタイムとする

 芝生の広場でのランチタイム

日が陰ると気温がグッと下がってくるので長居は無用と、12:35に出発する

30分位でいぶきの森を抜け出て、前開集落に出る

両側が山に囲まれた狭い土地を利用しての農村集落であり、古くから野菜生産に取り組んでおり、恒久的なハウスが多くありました

途中で、農家のおばさんが、大根やカリフラワーを差入れして下さるハプニングもありました

地元の前開神社で小休止して、太山寺を目指します

 いぶきの森を行く

14:20太山寺到着する。当寺は、元正天皇(715〜723在位)の勅願寺として、歴代天皇をはじめ一般大衆からも広く信仰を集めた播磨の名刹として受け継がれている

拝観料300円を払い、ゆっくりと境内を拝観する

幾多の戦乱や時勢の波にもまれながら守り続けてきた歴史を感じさせる寺でした

拝観後は、すぐ近くにある天然ラジウム温泉「なでしこの湯」へ

温泉の湯で、疲れを癒した後は、温泉内の食事処での反省会に

各自が好きな商品を発注しての楽しい団らんのひと時を過ごす、併せて、寺西先輩の80歳(傘寿)のお祝いを行って、今回の山行を締めくくりました

 寺西先輩傘寿のお祝い

             記録:久保・岡村   写真:宮崎