山遊会11月例会  「大文字山から南禅寺へ」

日 時:令和1年11月13日(水) 晴
    午前10時 京都市営地下鉄・蹴上駅改札前集合
行 先:紅葉の京都・大文字山(466m)と哲学の道
参加者:(山行)15名 
先達 玉川久一(37年卒)、岡村重夫(39年卒)和田充弘(54年卒)
   那波(37年卒)、寺西(37年卒)、岡部(37年卒)、
   松村(39年卒)、角野(39年卒)、中島(39年卒)、
   西谷(40年卒)、丹羽(41年卒)、板野(42年卒)、
   田淵(42年卒)、久保(46年卒)、中島(53年卒)
          (反省会)16名 那波を除く上記14名及び
                   田花(38年卒)、宮崎(42年卒)
反省会 :午後5時〜 創作料理「希味」室町店

コースタイム:
   蹴上駅10:00 ― 10:50 七福思案処11:00 ― 12:15 大文字山(昼食)13:15 ― 13:35 火床 13:50 ― 14:25 銀閣寺 ― 14::35 哲学 の道 ― 16:30 蹴上駅

行動記録:
11月度は京都の紅葉を愛でる山行を・・・という事で、今回は、毎年8月16日に行われる五山の送り火で有名な大文字山への計画です

火床の頂点から京都市街や比叡山・愛宕山までを一望に出来るコースです

京都市営地下鉄東西線の「蹴上」駅にAM10:00に集合する

久方ぶりの参加である岡部さんも含め15名のメンバーが集結、天候は申し分なし

雲一つない絶好の秋晴れ、蹴上駅の1番出口から少し右に行き、インクラインをくぐって直ぐに右折し少し登った所で、ストレッチ体操と記念撮影をして、山行をスタートする

琵琶湖疎水に掛かる橋を渡り、鳥居をくぐって日向大神宮の境内に入り、石段を登って行けば登山道になります

大文字山へのコースには、京都一周トレイルの標識が整備されているので安心です

登山道に入ると直ぐに開運厄除けの岩戸のくぐりがあります

全員で狭い岩の合間をくぐり抜け、先へと進みます

しばらく緩やかに登っていくと道が四方に別れている分岐点にでます

七福思案処といわれる場所で、そこで小休止とする

久方ぶりの岡部さんはやはり皆のペースにはついて行けず大分と遅れている模様

七福思案処を過ぎると、倒木多い林の中の急な登りがしばらく続きます

標識43〜標識44と、アップダウンを繰り返しながら高度を上げて行くと標識45に出ます

京都一周トレイルは左となっていますが、直進し少し登れば大文字山頂(465m)に着きます

 大文字山山頂

頂上には丸太木で組まれたベンチなどが多数あり、ゆっくり出来るスペースがあります

大勢のハイカー達が憩いでいました

我々も適当な場所を見つけてランチタイムとする

時間に余裕が有るので、コーヒータイム等を設けて、ゆっくりと後続のメンバーを山頂で待つ事に

13:15山頂を出発、急な下りがしばらく続きます

注意しながら一気に下ると突然前方が開け、火床の大の字のてっぺんの所に飛び出します

 火床より

京都市街を一望に出来、市街の向こうには愛宕山、北に目を移せば京都北山の山々が波打つ絶好の展望ポイントです

大休止を取り、存分に展望を楽しむ

13:50下山開始、急なコンクリートの階段を慎重に下る

大の字の「一」の頭の辺りから、ゆるやかな階段状の道に入る

千人塚を過ぎるとやがて沢に出ます

沢沿いの森林帯を道なりに進むと銀閣寺横に出る

14:25銀閣寺前で休憩し、今後の行動を打合せする

ここからは各自自由行動とし、朝出発した所である蹴上駅に、16時30分集合とする

哲学の道・法然院・永観堂・南禅寺・金地院などなど見る所満載であり、各自行きたい所に自由に行動する事にする


 法然院


永観堂・南禅寺共に紅葉が最高に美しい時であり、各自各々満足出来たと思います

 南禅寺南大門


 永観堂

予定通りに16:30蹴上駅を出発し、烏丸四条駅から反省会場の「希味」へ

反省会に参加の宮崎さん・田花さんとも無事合流し、総勢16名、無事終結する

全員で、先月に亡くなられた濱地先輩に献杯して、美味しい料理とお酒を頂き、

楽しい会話に花が咲き、存分に楽しいひと時を過ごして終了する


             記録:久保・岡村  写真:板野・宮崎・丹羽