O B 会 規 約

第1章 総 則

(名称)
第1条 本会は関西学院大学体育会ワンダーフォーゲル部OB会と称し、その本部を渓声クラブ内に置く。

(実施事項)

第2条 本会は自主的組織をもって渓声クラブ規約の定める目的遂行のため次の活動を行
     う。
  (1) 渓声クラブの発展に関する諸事業
  (2) 会員相互の親睦
  (3) 現役活動の支援
  (4) 同一目的を持つその他団体との協力提携

(会員及び組織)

第3条 本会は関西学院大学体育会ワンダーフォーゲル部出身者及び学年会が推薦し代議員会が承認した校友をもって構
    成される。なお、現役4回生は毎年11月をもって
 本会会員の資格を得る。
   2.本会会員は代議員会の決定及び会長の執行並びに常任幹事会の決定事項に対してこれを遵守する義務を負うと共
    に会員相互の連絡の充実に努める義務を負う。

第2章 役 員


(役員)
第4条 本会は次の役員を置く。
  (1) 会 長        1名
  (2) 副会長      若干名
  (3) 常任幹事長      1名
  (4) 副常任幹事長   若干名
  (5) 常任幹事     若干名
  (6) 監 事      若干名

(役員の選出)
第5条 役員の選出方法は次のとおりとする。
  (1) 会長、副会長、常任幹事、監事は代議員会において選出される。
  (2) 常任幹事長、副常任幹事長は常任幹事会において常任幹事の互選により選出     
      される。

(役員の任務)
第6条 役員の任務は次のとおりとする。
  (1) 会長は本会を代表し、会務を統括する。
  (2) 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
  (3) 常任幹事長・副常任幹事長・常任幹事は会長の命を受けて第16条に定める会務を執行する。
  (4) 監事は本会の会計並びに会務を監査する。

(役員等の任期)
第7条 第4条規定、並びに第19条規定の監督及びコーチの任期は1ヵ年(毎年10月1日から翌年9月30日)とし、
    その再任を妨げない。

第3章 運 営


(会務の運営)
第8条 本会は代議員会及び常任幹事会が運営する。

第4章 代議員会


(代議員会)
第9条 代議員会は本会における最高の議決機関であり、毎年1回以上開催する。但し、会長がこれを必要と認めたとき
    及び在籍会員の5分の1以上の要求があれば開催される。

   2.代議員会の招集及び議長は会長が行う。

(代議員会の議決)
第10条 代議員会は代議員の2分の1以上の出席をもって成立し、その決議は出席者の過半数を必要とする。なお、代議
     員は委任状をもって出席にかえることができる。


(代議員)
第11条 代議員は各卒業学年次から選出する。各卒業学年次は年度初めの在籍会員が10名までは1名、10名を超える
     ものは2名の代議員を選出し、各々の代議員は1個
の議決権を有する。

(代議員の任務)
第12条 代議員は卒業学年次を代表し、諸連絡、会費徴収等、本会の運営にあたるものとする。

(議決事項)
第13条 代議員会は次の事項について審議決定する。
 
(1) 本会の活動方針の決定及び活動報告の承認
  (2) 年度決算及び次年度予算の承認 
  (3) 規約改廃
 (4) 役員の選任及び監督、コーチの選出
  (5) 支部の設置並びに解散
  (6) 本会の合併・解散
 (7) 他団体への加入及び脱退
 (8) 基金の運用
 (9) 資産の処分
 (10) 統制に関する事項
 (11) 現役活動の報告
 (12) 委員会の設置及び解散
 (13) 新会員加入の承認
 (14) その他常任幹事会から提案される事項
   但し、緊急やむをえない場合、軽易な事項は常任幹事会の議を経て処理することができる。 


        第5章 常任幹事会


(常任幹事会)
第14条 常任幹事会は会長の命を受けて、本会及び第13条に規定する代議員会の議決事項を執行する。

(常任幹事会の構成)
第15条 常任幹事会は次の幹事にて構成される。
  (1) 常任幹事長     1名
  (2) 副常任幹事長   若干名
  (3) 会計担当     若干名
  (4) 総務担当     若干名
  (5) 企画担当     若干名
  (6) 広報担当     若干名
  (7) 現役支援担当   若干名
  (8) その他必要な幹事 若干名

(常任幹事の任務)
第16条 常任幹事の任務は次のとおりとする。
  (1) 常任幹事長は常任幹事会を統括する。
  (2) 副常任幹事長は常任幹事長を補佐し、常任幹事長に事故あるときはその職務を代行する。
  (3) 会計担当幹事は第24条に規定する業務を執行する。
  (4) 総務担当幹事は本会の庶務全般を所掌する。
  (5) 企画担当幹事は本会の諸事業を企画・提案する。
  (6)  広報担当幹事は本会会報の発行並びにホームページの運用・管理にあたる。
   (7) 現役支援担当幹事は現役活動を支援する。  



第6章 学年会及び支部会・女子会


(学年会及び支部会・女子会)
第17条 本会は卒業学年次毎の団体組織(本規約において学年会と称する。)を置き、必要に応じて支部会及び女子会を設置する
        ことができる。

   2.学年会及び支部会・女子会は各々の会の責任のもとに運営する。

第7章 親睦会行事

(親睦会行事の開催)
第18条 会員間の相互親睦と現役部員との交流を図るため、原則として年1回以上懇親会(OB総会と略称)を開くもの
     とする。

                 

              第8章 監督及びコーチ


(監督及びコーチ)
第19条 監督は常任幹事会が会員から推薦し、代議員会及び渓声クラブ理事会の承認を経て、会長が現役会部長と共に、
     これを関西学院大学体育会会長に届け出る。

    2.コーチは常任幹事会が会員から推薦し、代議員会及び渓声クラブ理事会の承認を経て、渓声クラブ理事会理事長
     が委嘱する。

   3.コーチの内からヘッドコーチを選任する。ヘッドコーチは、監督を補佐し、監督に事故あるときはその職務を代
     行する。

   4.監督及びコーチは現役指導の任に当たる。


第9章 会   計


(会費等の収入)
第20条 本会の経費は会費(臨時会費を含む)、事業収益金、寄付金、その他の収益をもってこれに充てる。
   2.収受した会費は理由にかかわらず返却しない。
   3.会費は男子会員は5,000円を、女子会員は2,000円を毎年支払うものとする。


(臨時会費)
第21条 本会業務遂行のため、代議員会の議を経て、臨時に会費を追徴することができる。

(特別会計)
第22条 特別の事業を行う場合は特別会計を設ける。

(資産管理)
第23条 本会の資産管理は常任幹事会の責任において行い、その取得・処分は代議員会の議を経て会長が執行する。

(会計年度及び会計報告)
第24条 本会の会計年度は毎年10月1日から翌年9月30日までとする。
   2.会計担当幹事はその収支事務を所掌し、会計帳簿を作成記録し会計年度毎に決算報告書を作成し、代議員会に報告して
      承認を得なければならない。

(会計監査)
第25条     監事は、会計帳簿及び代議員会に提出する収支決算書及びその他計算書類に付き監査し、その結果を代議員会に報告
    しなければならない。


第10章 その他


(会務監査)
第26条 監事は本会の会務の執行状況を監査し、その結果を代議員会に報告しなければならない。

(顧問の委嘱)
第27条 会長は、本会の運営に当たり参考意見を求めるため顧問若干名を選任委嘱することができる。

(規約の変更)
第28条 この規約の改廃は常任幹事会の議を経て代議員会で決定する。




(施行期日)
1.この規約は平成14年11月1日から改正実施する。
2.この規約は平成15年11月1日から改正実施する。
3.この規約は平成17年3月26日から改正実施する。
4. この規約は平成22年11月13日から改正実施する。