KGWV OB会 平成26年度代議員会

日 時:平成26年11月1日(土) 12:00〜13:10
場 所:関学会館 輝の間
出席者:25名(うち代議員21名) 外委任状出席29名
 OB会長   宮崎洋光(42)
 OB会副会長 浅井晴雄(39)
 顧  問  ※菱谷泰三(35)※長坂正通(36)
 監  事  ※堺  孰(38)
 幹事長   ※中島利英(53)
 副幹事長  ※和田充弘(54)※小池伸和(56)
 常任幹事  ※岡村重夫(39)川田素子(45)※久保富雄(46)※加川啓二(47)倉本 浩(H6)※小山良俊(H9)藤本幸治(H14)
        
 代議員   中村 徹(36) 寺西友宏(37) 森川嘉也(38) 竹本 修(39) 金井 晃(42)田淵聡司(42)
       矢野精一(45) 古川哲也(59)谷口重太郎(60) 砂川辰彦(H12)  林朗子(H13) 
      ※は代議員を兼任 ( )は卒業年次

1.開会(久保総務担当常任幹事)
 開会に先立ち、司会の久保常任幹事から本日の代議員の出席21名、委任状出席29名、合計50名で代議員総数71名の過半数の出席を得たことから、OB会規約第10条に基づき本代議員会が成立していることを報告の後、開会を宣した。
 


2.挨拶(宮崎OB会長)
・ 本日は足元の悪い中、出席いただきありがとうございます。
・ 今年は関学の125周年ということで、KGAA(関西学院大学体育会同窓倶楽部) の要請に基づき、KGWVからも100万円の寄付をした。
・ その時、「関学辞典」というものをいただいたが、その中には戸隠山小屋やKGWVのことも掲載されている。
・ また、125周年を記念してKGAAの寄付講座なるものが昨年から始まっており、体育会各部のOBが現役を相手に講義をしているが、KGWVからは南井克之さん(38)が12月18日の1時限(9:00am〜)に講義をするので時間のある方は聴講して下さい。
・ 今年は何かと忙しい1年だったが、皆さんの協力のおかげで、この日を迎えることが出来たことに感謝している。

3.議長選出
 OB会規約第9条第2項に基づき、宮崎OB会長を議長に選任、議事に入る。

4.報告審議
@報告議案
第1号議案 平成25年度活動実施報告(会務報告)(久保総務担当常任幹事)
・今年度は常任委員会を4回、渓声クラブ理事会1回を行った。主な議題はワンゲル債の償還や遭難対策委員会のことであった。
・「行事その他」としては、8月に戸隠山小屋で現役との合同慰霊祭を行い、久保田祥二さん(46)と遠藤博子さん(53)を慰霊した。

(宮崎会長)
・今年は2月に180万円のワンゲル債を償還したのが大きな出来事だった。皆様の協力でつつがなく償還することが出来た。
・遭難対策委員会については、それまでにあった規程を監督・コーチに良く検討してもらい、弁護士でもある砂川辰彦会員(H12)に構成・文言の校正をいただき、渓声クラブの承認を得て、正式に発足させることが出来た。
・後で追悼礼拝もするが、今年の慰霊祭で慰霊をした久保田祥二さんや遠藤博子さんは、OB会の常任幹事として大活躍をしてもらっていたので、本日の会合にお二人がいないというのは本当に残念だ。

第2号議案 平成25年度会計報告並びに会計監査報告(加川会計担当常任幹事・堺監事)
・収入はOB会費等で1,803,303円、支出は山小屋慰霊祭、KGAA負担金、現役支援等で1,145,013円、次年度繰越金が658,290円となりました。
・今年2月10日、ワンゲル債(180万円)の償還日を迎えましたが、債権者の意向により、うち130万円は遭難対策基金に改めて寄付をいただき、30万円は債権者に償還、10万円はOB会費に充当(今後20年分)、残る10万円は目的を戸隠山小屋の維持管理に使途を限っての寄付ということになりました。

・一般正味財産の増減では、経常収入1,469,674円、経常支出1,145,013円で324,661円の増、これに期首残高の333,629円を合わせた658,290円が期末残高となりました。
 特別正味財産としては、ワンゲル債償還者からの遭難対策基金への寄付(1,300,000円)や勝山交流基金からの遭難対策基金への繰入(478,544円)等で6,068,544円。ここからワンゲル債償還で1,800,000円を支出しましたので、遭難対策基金の残高は4,268,544円。
 これに先程の一般正味財産の期末残高(658,290円)を加え、総正味財産は4,926,834円となりました。

(会計監査)堺監事より、適正かつ正確に処理されている旨意見表明の報告があった。


第3号議案 現役活動報告(倉本監督兼現役支援担当常任幹事)
・部員は32名で、全国的に見ても人数が多いと自負している。ただ、女子が1年(5名)と4年(5名)だけで、いびつな構成になっている。
・今年6月〜11月で合宿は8回(男女各4回)、PWは21回で、やぶこき、沢登り、自転車ツアー等を行っている。
・11月下旬の秋合宿や来年3月の春合宿では、男女共、山スキーを予定している。

   (第1号〜第3号議案 質疑はなく、拍手をもって原案通り可決承認)

A審議事項
第4号議案 OB会役員改選(中島常任幹事長)
・渓声クラブ特任理事の久保田さん、企画担当常任幹事の遠藤さんが亡くなったので、特任理事は空欄席に、企画担当常任幹事は川田素子さん(45)にお願いしたい。
 その他は昨年度と同じ。(任期は平成26年10月1日〜平成27年9月30日)

(質疑はなく、拍手をもって原案通り承認)

(宮崎会長)役員の若返りを図ること、数少ない女性幹事にどんどん新しい企画を出してもらうことを期待している。

第5号議案 監督・コーチ選任(宮崎会長)
・昨年度と同じだが、現役の活動年度は4月1日からが26年度なので10月1日が年度始まりのOB会としては、事後承認ということなる。

(質疑はなく、拍手をもって原案通り承認)

(宮崎会長)監督・コーチが現役の山行に同行する際の保険は、監督とコーチ2人までは学院の方でカバーしていただいている。その余については、本人が付保することになるが、OB会としても応分の負担をすることとしたい。
第6号議案 平成26年度OB会活動方針(案)(中島常任幹事長)
・とにかく若手OBをリクルートしたい。また、消息が不明になっているOBが40〜50人もいるので、OB会名簿を大々的に再整理していきたい。
 代議員の皆様も同世代等の消息をOB会のホームページを活用する等して、広報担当や常任幹事に知らせてほしい。

            (質疑なく原案通り承認)


第7号議案 平成26年度予算(案)(加川会計担当常任幹事)
・収入は会費(1,440,000円)と繰越金(658,290円)で、2,098,290円。
・支出は山小屋慰霊祭(50,000円)、KGAA負担金(190,000円)、「白樺」や「渓声」の作成(150,000円)、現役や監督・コーチ支援(400,000円)等で2,098,290円(予備費398,290円を含む)。

(質疑なく原案通り承認)


5.その他報告事項(浅井副会長)
KGAA常任幹事として報告します。
・例年夏に開催している総会は、今年は11月15日に先日竣工した中央講堂で午後2時30分から開催されます。(特別講師:元オリックス&メジャーリーガー・田口壮氏)
 懇親パーティは午後4時30分から。当日会場の関学会館前で常任幹事の和田氏が待機するので、参加希望者はOB会会計が1,000円負担し、2,000円で和田幹事からパーティ券を購入して下さい。
・12月18日の南井克行氏による寄付講座は午前9時から中央図書館裏のB号館202号室で行われます。誰でも聴講できるので、時間のある人は是非行ってみて下さい。
・住友ビザカードと提携したKGAAカードが発行中です。手数料の一部がKGWVのOB会に入るので、この機会に入会して下さい。申込書類は後日送付します。

6.閉会
13:10本日の議事終了につき司会は閉会を宣した。(司会・久保総務担当常任幹事)

                

議事録作成者:久保富雄(46)